生活習慣を見直す

レディ

生活習慣を改善することで十二指腸がんは避けられます

人間の体には、数多くの細胞で出来ています。細胞は、一つ一つ、新しくなり、入れ替わります。細胞は、約1年で殆ど生まれ変わっています。細胞が成長すれば、やがて分裂が始まります。そうして、増殖することが遺伝子の構造になります。そして、その細胞に、がん細胞が広がることで、がんという病気を発症します。がんには、なりやすい人となりにくい人がいます。がん免疫があれば、がんにはなりにくいです。がん免疫が少ない人には、理由があります。一番問題は、生活習慣にあります。高カロリーや脂質、塩分の過剰摂取やビタミン、ミネラルの不足した食事などです。ですから、バランスの良い食事が必要になります。他には、睡眠不足なども原因として挙げられます。

定期的な健康診断などを行えば初期段階での発見ができます

生活習慣を怠ってしまえば、病気になってしまいます。その中で、十二指腸がんがあります。十二指腸がんは初期症状が、殆どなく、自覚症状での発見は難しいです。症状が進行するにつれて自覚症状が出てくるので、何か異変があれば病院に行きましょう。十二指腸がんの自覚症状の現れは、みぞおちが痛みや胸焼けや貧血などがあります。進行がさらに、進んだ場合には、吐き気や嘔吐などが起きてしまいます。早く症状を察知していれば、大事には至りにくいので、変だと思えばすぐに医師に相談しましょう。十二指腸がんは、エコー検査で見つかることがあります。定期的な健康診断や人間ドッグを受けていれば、早期発見が可能です。