咽頭がんはすぐに発見

病院

初期の症状が分かりやすい病気なので早期発見が可能です

咽頭がんは、初期症状が分かりやすいです。咽頭は体外と近い場所にあるので、異変を感じやすいのです。しかし症状は、喉の痛みや喉の違和感があっても風邪と思い放置してしまう場合があります。これらの、症状は咽頭がんの恐れがあるので、症状が長引いている場合は、病院で相談しましょう。他には、声のかすれや声の枯れ・食べ物が飲み込みにくいや首にしこりが出来たりするなどの症状があります。このような症状が続けば咽頭がんの疑いを持ちましょう。咽頭がんの症状を把握しておくことで早期発見が出来ます。早く見つけて早く治療をすれば、悪化することはありません。

悪化してしまうと大変の問題になってしまいます

もし、初期の症状で気付くことが出来ずがんが進行してしまい末期の状態になった時には、初期症状と違うパターンがあります。また、治療を始めているが病気の進行が止まらない場合も同様に症状が違います。末期の代表的な症状として、嚥下や呼吸困難になります。嚥下障害は、腫瘍が大きくなり、その腫瘍が喉を圧迫し、食べ物が喉を通りにくくなります。次第に呼吸困難へと繋がります。呼吸困難が悪化してしまうと、気管を切開して空気を送りやすくする手術をします。ですが、この手術をすると、声を失うことになってしまいます。初期症状が分かりやすい咽頭がんです。しかし、気付かずに放ってしまうと声を失うという状況になってしまいます。咽頭がんは、転移もします。ここまで悪化してしまうと大変な問題です。そうならないように、早期発見・早期治療をしましょう。