レディ

生活習慣を見直す

十二指腸がんは、生活習慣が主な原因とされています。生活習慣を見直すことで十二指腸がんにならなくて良い可能性が高まります。異変が起きれば医師に聞くことで早期発見が出来るでしょう。

女医

自分に合った食事をしよう

糖尿病は、生活習慣が悪いことでなりやすい病気です。規則的な、生活を心がけましょう。糖尿病により、食事制限がある人は、糖尿病食を利用することで食生活は、改善することでされるでしょう。

病院

咽頭がんはすぐに発見

咽頭がんは、初期の症状が分かりやすいです。しかし、症状としては喉の痛みなどで喉の風邪と思い放置してしまう人が多いです。これらの症状は、咽頭がんの可能性があるので疑いを持つようにしましょう。

素早く治療を行う

肘

テニス肘にはどんな人も発症する可能性があります

テニス肘に原因として、早く動いて強いショットを打つというテニスやバドミントンでなることが多いです。このような瞬発的な動きに伴って痛め、ショットを打つことで、肘から先の筋肉を酷使し、肘の健が炎症を起こしてしまいます。ひどくなると生活にも支障をきたしてしまいます。これは、なりやすい年代などはありません。子どもから中高年、さらには、プロまで幅広く発症します。ですから、誰もが気をつけないといけないです。無理なオーバーワークは控えましょう。プレー後に、アイシングをすることでテニス肘になる可能性は低くなるでしょう。

マッサージや筋肉トレーニングで早い回復をしましょう

もし、テニス肘になってしまった場合には治療が必要になります。テニス肘で手術を行うことはあまりありません。医師やトレーナーと治していくことになるでしょう。しかし、医師やトレーナーに全て任せるだけでは、早い回復はできません。自分自身でのケアが重要になります。ケアの方法として、マッサージと肘周りの筋肉トレーニングが効果的です。マッサージをすることで、筋肉がほぐれて血流が良くなります。筋肉トレーニングは、肘周りの筋肉をつけることで、筋肉で肘への負担が軽減できます。しかし、マッサージもトレーニングも肘の痛みによって長さや強度を変えないといけません。せっかく治療しているのに痛みが増してしまいます。痛みがひどければ無理して行う必要はありません。テニス肘では、絶対安静が一番の治療になります。